みんなは、不本意だけどやっていることってあるかな?
私にはあったんだよね。
それは音楽以外の仕事。
「人間修行だ」
「表現のためだ」
と言い聞かせてこれまでやってきた。

けどね。結論。
受け入れた方が何倍も楽しい ということ。

けっこうな時間やること。
だから、どうせやるならきちんと受け止め
受け入れた方が楽しくやれる。
終わった後、爽快な気分になれる。

向き合うプロセスもまた楽しい。
仕事とは、準備をすればするほど
楽しくなるもの。

私は、私のために化粧をし、きれいな格好をし、
テンションを上げて
気持ちよく仕事ができるように努力を始めた。

みんなの足を引っ張ってしまっているのではないか、とか
どんな目で見られているか、とか
そんなこと、全然気にならなくなった。

これら全てのこと、みんな音楽活動に活かせる。
私はいつまで仕事をするのか、
それはわからない。
これはこれで楽しいから。
楽しいことを卒業するには、
充足か強く羽ばたける確信が必要。

納得がいくまで
私は働くだろう。

社会人といわれる年齢から20年近くかかって
ようやく音楽以外の仕事をすることが苦ではなくなった。
その過程では、音楽の仕事の辛さや楽しさを改めて知った。

そう。人並みでいい。
人並み というところに並べたことを確認したら
卒業は近いと思う。
仮免、といったところか。
次のステージに進む準備を始めるだろう。

音楽以外の仕事がさほどできないことは
もう充分身に沁みてわかっているつもりだ。
でも、この仕事が人並みにできなかったら
どの仕事をやっても、それがたとえ音楽でも
うまくはいかないだろうと直感しているのだ。

そのくらい、自分にとって必要なものが
社会の中にはあるってこと。

さあ、もう少しだけ、足多めで進もう。
わらじを履く足 ネ。^^

みんなも、受け止められていないものを
今こそ受け止め、受け入れてみよう。
春だし!^-^







※暴力などハラスメント系のものは
受け止める必要はありません。
ソク助けを求めてください!!


ちなみに、その助けの手に掴まることができるかどうかは
あなたの「勇気」にかかってます。
すくい上げられることを待ってジタバタしている他力本願状態では
いつまでたってもそのままですよ!