今日未明に投稿したブログ記事「近況報告☆」で言い忘れたけど
髪の毛切って自慢のナチュラルグレー(若白髪なだけやろがいw)を
ひけらかしている、堀川ひとみですw


昨日たまたま、

すごく久しぶりに昔の曲を動画で見た。

私の中ではもう過去になった曲。

歌っている過去の自分の背中は、とても痛々しく映った。

長年変えていなかった「その歌」へのアプローチも

今の私だと自ずと違うものへ変化する。

久しぶりに歌ってみた。

あぁ、当時の歌唱はツメが甘い。

主観で没入していたがゆえ、エッジが効いていない。

今歌うと、言葉ひとつひとつをザラザラと感じとれる。

そんなことを思い、

今の私は螺旋階段を一周上がることができていることを実感した。

この機会に、過去の歌とシンプルに対峙してみる必要がありそうだ。