堀川ひとみと芽亜利・Jがお送りする
『オフピーク・ショコラをあなたに』
無事終演♪

お越しいただいたみなさま
気にかけていただいてたみなさま
本当にありがとうございました。

出会ってから20年以上
同じボーカルスクール&事務所を経て
(お互いボーカルに自信がなくて悩んでて、
でも作曲には自信があって、って感じだったよね。^^)

ずっと繋がっていたけれど、
二人だけでライブをやったのは初めてのこと。
記念すべき夜でした♪

本日の堀川氏の見た目は、ほぼヒトム。ハンサム仕様でしたね。

20200215by中村ただし

(撮影:中村ただしさん)

このくらいキマると私も思わずセルフィーたくさん
撮ってしまったりするんですけど(笑)
今回のライブは盛りだくさんで、そんなことには
頭が回らず・・・。

むしろ変顔したっていう・・・。
20200215byタケイタケル

拡大
スクリーンショット 2020-02-17 1.05.41

誰ですかこのひとw

ステージではオープニングから
「Show Time」を二人で♪
これ、私と伊藤のユニット「miu∽myu(みうみう)」で作って、
めありんが所属してたユニット「ODORI縁者」へ提供した曲。
今から15年以上前の話。
歌詞はODORIメンバーの田村くんという方があとでつけた。
私は当時、歌詞ではなく「ラララ」で歌って提出したので
この日に初めて歌詞の入ったShow Timeを歌った(笑)


ちなみに、みなさんから反響が多かったのが、
お互いの曲をカバーするっていうコーナーの
「自分の曲にしちゃってる」具合。

これ不思議なんだけど、本人たちは意外に
自分風にひねってやろうとか全然思ってないわけ。
だけど、すごくナチュラルに「その人色」になっちゃったのよね。
そういう体験ていままであんまりなかったから
個人的には
「あ、私というアーティストはなんか、こういう段階に来たんだな〜」って思った。

若い頃は「こうありたい」みたいのと実力と実際の自分とのバランスが悪くて
「こうありたい、これが自分」っていう感じを出すのに随分頭をひねっていた。
そもそも個性って作り出すものだと思ってたしね20代後半までは。

今は、個性って自分を煮詰めたジャムだと思ってるから、
自分を理解すれば自ずと定まる。そこに不自然な工作は必要ない。
さしずめ私は「真面目と変のマリアージュ・ジャム」。
音楽のテーマは「生きる力」と定まってるし。
性認識は女性だけど、そもそも女性ってなに?って感じ。
「堀川ひとみ/ヒトム」という独自分類でいいと思ってる。
どこか謎めいていたいとも思っているけど、そこは私変だから天然で大丈夫よねw

それはさておき、
今回は自分にとってものすごく大事な方達も
遊びに来てくださって、本当に嬉しくて、幸せでした♡


あとあと、
当日は『義理チョコ反対同盟』もライブ初披露!
この曲、特にCメロ入ったところでみんなドッと笑うのよね。
私も同じよ♪^^

あそこは聖歌隊の裏で
古き良き洋楽ロックでもこんなのあるよねっていう
シンプルなアレンジでもあるので、そういう点でも必聴だね。

ここにお越しのみんなはよかったらSpotifyで聴いてみて!
無料プラン登録でフル尺聴けるよ!
(これからSpotifyを中心に配信する楽曲が度々出てくると思うから
よかったら登録しておいて〜♪)
↓ ↓ ↓
https://linkco.re/EV7be6sB

会場ALT_SPEAKERも、
改めて素敵なハコ・素敵なピアノ・素敵な雰囲気!!

またここでイベントやりたいなぁ♪って思っています^^