2/20(土)20時〜から行う生配信イベント
「堀川ひとみ そろそろ新曲出しても良き頃な♪
〜コロナな時代、それでも生きてゆけ!〜」。

こんな(見る人によっては)軽いノリの
タイトルをつけてはおりますが
堀川ひとみは目下本当に悩んでいます。

この大変な時代に、私が歌で一体何ができるというのか。

スクリーンショット 2021-01-26 18.58.19


基本的に、私は歌で世界をも救えると本気で思っている
(そういう意味での)歌バカです(笑)

だけど、コロナウィルスによる時代の大きな変化
突然罹患し死を迎える人も少なくない。
毎日、なんでもなかった人の突然の悲しい知らせが
SNSに悲痛な叫びと共に露わにされる
そんなこともある世の中で
明日は我が身とは思いこそすれ、
実際にはステイホームしてて医療従事者でもない
安全地帯で日々の大半を暮らす今のところの私に
一体どんなメッセージを発して行けるのだろう と。
「コロナな時代」を、決して軽々しく歌う訳にはいかない。
改めていろんな思いを巡らせました。

今日、メロも歌詞もFixしました。
タイトルも昨日決め、本日Fixしました。
本当にこれで良いのかの判断もできたけれど、
「ひょっとしたらその判断は甘いんじゃないのか」
「ただの独りよがりなんじゃないのか」
ましてや発達傾向で客観性に欠けがちな私なので
心配・迷いは尽きません。
スクリーンショット 2021-01-26 19.07.33
↑冗談じゃなく割とちょいちょいこんな顔で
テメーの作る曲の行末を見守る堀川氏。

最終的には私は自分を信じます。
世の中の全ての心配は
「信じる」ことによって解消することを
私は知っていますから。
でも、アレンジが終わって、歌が録り終わるまで、
いや、公開した後でも、
おそらくこの心配は
たびたび頭をもたげるのではないかと思います。

そんなものと闘いながらも
私は私に決着をつけ、作品を世の中に発表しますよ。
だって、それがアーティストというものですから。
今までだってずっと決着をつけてステージに立ってきた。
作品を世に放ってきた。
ステージの上では気持ちの迷いはない、それが常です。
だからきっと大丈夫。^^