鈴木貴士さんというアーティストがいました。

彼は私にとって、とても衝撃的な人物でした。
彼は、絵も書くし即興演奏もするし映画も撮るし写真も撮る。なんならイベントもオーガナイズする。
表現というフィールドのいろんな手段を使って活動していることに、音楽しかしらない私はまず驚き!

そして、さらに特筆すべきは、
どの表現手段においても、
表現が一貫していたこと。

個人的に私が彼の表現から感じていたのは
エネルギーを煮詰めたようなドロドロのカオスと、そこからの解放。それら移り変わりの過程。

彼がそれを意図していたかはわからない。
でもそれが私からみた「鈴木貴士」という芸術でした。

彼の一貫性に気づいたとき、
私は圧倒されました。

一貫性。私にはあるんだろうか。
私は音楽だけ携えて生きているのに
ここまで自分の全部をかけて表現する
一本通ったものが、自分には見つけられなかったんだ。

いつか、彼のように
一貫した自分で表現したい
当時の相方きんぐにも、その断片のようなことをよく話していました。

近年音沙汰ないなと思ってたら
私が彼を追いかけていないだけでした。

先日亡くなったと、知らされました。

あらためて彼のこと、彼の表現を思い出し
私は退化してんなーと。
ぜんぜん近づけてないや。あなたの生き方に。

彼は今ごろ、「天使の羽」の中で腰かけて、
世の中のカオスを眺めては作品を描き、奏でていることでしょう。

そのカオスの中にいきる私は自分の中のカオスと闘い、折り合いをつけながら過ごしてる。

絵に描かれる側から、描く(奏でる)側へ
ゆくことができるだろうか。

せっかく生きてる。
ならば、あなたに負けない表現をしたいよ。

天のライバルへ想いを込めて。